<< <臓器移植>50代の男性が妻に角膜提供 親族優先を初適用(毎日新聞) | main | 日数制限撤廃で「全人的リハビリ医療の再構築を」(医療介護CBニュース) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


普賢岳の大火砕流から19年、各地で追悼の催し(読売新聞)

 死者・行方不明者43人を出した長崎県雲仙・普賢岳の大火砕流から19年を迎えた3日、被災地の同県島原市では、追悼の催しが各地で行われ、犠牲者をしのんだ。

 同市仁田町の「犠牲者追悼之碑」前には午前8時半に献花台が設けられ、遺族や市民らが慰霊の花を手向けた。自宅が被災した園田元市さん(83)は「当時は亡くなった消防団員の葬式が毎日のように続いた。今でも忘れられません」と声を震わせた。

 横田修一郎市長も献花した。市長は「亡くなった消防団員には知り合いもいた。個人的にも一生忘れることができない日で、被災を伝えていくことが私たちの使命です」と話した。

 同市では3日、大火砕流が発生した午後4時8分にサイレンを鳴らし、市民が黙とう。午後7時からは雲仙岳災害記念館前で約1000個のキャンドルがともされ、市内は終日、犠牲者を追悼する祈りに包まれる。

 普賢岳は11月17日、噴火から20年の節目を迎える。復興した同市は、被災した遺構を観光に生かす取り組みを進めており、昨年8月、島原半島が貴重な地形や地層が残る地域として「世界ジオパーク」(地質遺産公園)に国内で初めて認定された。

口蹄疫 「厳戒態勢」の中で競り 和歌山(産経新聞)
<暴行>JR駅員殴り、国交省課長補佐を容疑で逮捕 横浜(毎日新聞)
赤字解消につながる対策とは―県立病院長が講演(医療介護CBニュース)
首相、辞任論に「迷惑かけていることは理解しているが…」(産経新聞)
<詐欺>ゲームソフトにウイルス埋め込み 警視庁が初摘発(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • 16:56
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
探偵
携帯ホームページ
ライブチャット
無料ホームページ
現金化
サイドビジネス
情報商材
クレジットカード現金化 比較
無料ホームページ
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM